トップへ戻る

手代橋の今後の利用方法について 【市政・イベント情報】 2019-03-03 11:55 UP!

手代橋は昭和35年に架けられ、現在、八潮市と草加市で管理をしていますが、まもなく架橋より60年を迎え、老朽化が進行しています。
 そのため、手代橋にかかる負担を軽減することで、現在の橋を永く維持したいと考えています。
負担の軽減策としては、手代橋への車両の通行規制が考えられますが、通行規制を実施した場合、市民の皆様等への影響が大きいと考えられるため、通行規制等含めた今後の利用方法について意見を募集します。



〈資料の公表〉
 市役所(840情報資料コーナー)、駅前出張所、八幡図書館、八條図書館、資料館、ゆまにて、文化スポーツセンター、エイトアリーナ、保健センター、八潮メセナ、やしお生涯楽習館、寿楽荘、すえひろ荘、コミュニティセンターにてご覧ください。また、道路治水課窓口や市ホームページから入手できます。

〈募集期間〉
3月11日(必着)まで

〈対象者〉
次のいずれかに該当する方
・市内に住所を有する方
・市内に事業所または事業所を有する個人およびその法人その他の団体
・市内の事務所または事業所に勤務する方
・市内の学校に在学する方

〈提出方法〉
「手代橋の今後の利用方法に対する意見」と明記(メールの場合は件名に)し、住所、氏名を記入のうえ、窓口、郵送、ファックス、電子メール、道路治水課へ。
意見書のひな形は、資料設置場所で入手可能。

内線371
FAX997-7310
アドレス dorochisui@city.yashio.lg.jp

※提出された意見は、今後の業務の参考とさせていただくもので、個別の回答はいたしませんのでご了承ください。
なお、いただいた個人情報は、今後の業務の目的以外には使用しません。