トップへ戻る

感情的にならない子育て~子どもの人権を考える~

育児中の「困った!」を一緒に考えてみませんか?なぜ世間では虐待事件が増えているのでしょう。育児相談の現場で活躍中の、さら助産院の直井亜紀先生と子育てアドバイザー高祖常子先生によるコラボ講演会!

◎内容
 子育て世代のパパ・ママや、子どもの幸せな未来を願うすべての方を対象とした講演会。質疑応答では、育児相談もできます。(先着順)

◎講師
・直井亜紀先生 助産師(さら助産院院長)
 子どもの発達や母乳育児の相談など「子育てを応援する助産師」として活躍中。今まで10,000人以上の育児相談に寄り添う。その他、八潮市内をはじめ県内外の小中高校生への「いのちの授業」講演実績多数。それらの活動は新聞やテレビなど多くのマスコミに掲載されている。受賞歴として、内閣府特命担当大臣表彰・母子保健奨励賞など。
・高祖常子先生 認定子育てアドバイザー
 NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事、NPO法人ファザリングジャパン理事など。40,000人以上の育児相談に寄り添った活動は、新聞やテレビなどのマスコミに掲載され、テレビコメンテイター出演実績も多数あり。著書は『こんなときどうしたらいいの?感情的にならない子育て』ほか。資格は保育士・幼稚園教諭2種。

◎日時
2020年2月19日(水曜日)14時から16時(開場13時30分)

◎場所
やしお生涯楽習館 多目的ホール

◎対象
育児中の方、子育てに関心がある方

◎定員
130人(要予約)
0歳から5歳までのお子さんの託児ができます。(予約先着30人のお子さんのみ)

◎参加費
無料

◎申込
電話及び窓口にて子育て支援課へ
1月8日(水曜日)〔平日8時30分から17時15分〕から申し込み開始、先着順。

【お問合わせ】
子育て福祉部 子育て支援課 
電話:048-996-2111 内線209 
 

感情的にならない子育て~子どもの人権を考える~

育児中の「困った!」を一緒に考えてみませんか?なぜ世間では虐待事件が増えているのでしょう。育児相談の現場で活躍中の、さら助産院の直井亜紀先生と子育てアドバイザー高祖常子先生によるコラボ講演会!

◎内容
 子育て世代のパパ・ママや、子どもの幸せな未来を願うすべての方を対象とした講演会。質疑応答では、育児相談もできます。(先着順)

◎講師
・直井亜紀先生 助産師(さら助産院院長)
 子どもの発達や母乳育児の相談など「子育てを応援する助産師」として活躍中。今まで10,000人以上の育児相談に寄り添う。その他、八潮市内をはじめ県内外の小中高校生への「いのちの授業」講演実績多数。それらの活動は新聞やテレビなど多くのマスコミに掲載されている。受賞歴として、内閣府特命担当大臣表彰・母子保健奨励賞など。
・高祖常子先生 認定子育てアドバイザー
 NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事、NPO法人ファザリングジャパン理事など。40,000人以上の育児相談に寄り添った活動は、新聞やテレビなどのマスコミに掲載され、テレビコメンテイター出演実績も多数あり。著書は『こんなときどうしたらいいの?感情的にならない子育て』ほか。資格は保育士・幼稚園教諭2種。

◎日時
2020年2月19日(水曜日)14時から16時(開場13時30分)

◎場所
やしお生涯楽習館 多目的ホール

◎対象
育児中の方、子育てに関心がある方

◎定員
130人(要予約)
0歳から5歳までのお子さんの託児ができます。(予約先着30人のお子さんのみ)

◎参加費
無料

◎申込
電話及び窓口にて子育て支援課へ
1月8日(水曜日)〔平日8時30分から17時15分〕から申し込み開始、先着順。

【お問合わせ】
子育て福祉部 子育て支援課 
電話:048-996-2111 内線209 
 

入学準備金貸付金の受付中です。 【市政・イベント情報】 2020-01-08 12:00 UP!

入学準備金・教育資金貸付のお知ら

 

1 入学準備金(無利子)

高校・専修学校・大学に入学することが確実な方の保護者で、入学費用の支払が困難な方に、無利子でお貸しします。

(1)貸付限度額 

  高校・専修学校 15万円以内・大学 25万円以内

(2)受付期間 

    1月6日(月)~1月27日(月)

(3)返済方法

     入学後6カ月据え置き・修学期間終了までに返済

 

2 教育資金(無利子)

  高校・専修学校・大学に在学中又は、入学することが確実で、経済的な理由により修学が困難な方に、教育資金を無利子でお貸しします。

  この教育資金は、長田義弘教育基金等を原資として貸付けを行っています。

(1)貸付限度額

     高校・専修学校 30万円以内・大学 50万円以内

(2)受付 

    毎月1日から15日(最終受付月:2月)

    ※来年度入学に伴う教育資金の申請は、入学準備金の受付期間に一緒に申請してください。

(3)返済方法

     卒業後6カ月据え置き・5年以内に返済 

   市内小中学生の保護者の方への貸付もあります。

 

1・2共通

 対象 八潮市に住民登録があり、引き続き1年以上居住している方

     連帯保証人1人要(原則八潮市に住民登録、所得要件等あり)

     ※合格発表前でも申請は出来ます。

 

詳しくは、お問い合わせください。

 

【問い合わせ】

教育総務部教育総務課庶務係 

048-966-2111(内線361)